ちょっと一息

 連休は飛騨高山と上高地に行って来ました.前日まで雨降りだったので心配だったのですが,いい天気に恵まれました.
 日曜日は飛騨高山で秋の高山祭りを見物しました.普段朝市のたつ宮川沿いには露天が沢山軒を連ね,鳥居をくぐり八幡様へと向かう参道には屋台が並んでいました.正午から始まるからくり奉納を一目見ようと境内に集まって来る人,人,人.いつもは静かな高山の街が人で埋め尽くされていました.
 高山の街は,家具屋をのぞいたり,飛騨牛の串焼きやみたらし団子を買い食いをしたり、土産物屋を冷やかしながら漬け物や味噌の試食をして回ったり,数件ある造り酒屋で聞き酒をして回るのが楽しいのですが,この日はあまりの人の多さで,昼食をとるのもやっとでした.肝心の屋台引きや時代行列も見損なっちゃったし・・・.

 翌日は,上高地へ.10月10日頃と言えば例年紅葉の真っ盛りで,山の稜線がうっすら雪化粧している頃なのですが,今年は霞沢岳や明神岳の頂き付近がほんのり赤く色化粧している程度で,明神池の紅葉もまだまだでした.紅葉は日中の直射日光と朝晩の冷え込みが5℃前後にならないと鮮やかにはならないそうです.紅葉は年々遅くなって来ている印象です.地球温暖化の影響をこんなところにも実感しちゃいます.紅葉が遅い時は大概汚く枯れちゃって山が茶色っぽくなってしまうんですよね.今年の紅葉もそんな風になりそうな予感がしました.
 しかし,帰り際には稜線にかすかに残っていた雲も晴れて穂高連邦がくっきり見えました.澄んだ空気と木漏れ日に包まれて,とても気持ちのいい一日でした.

 稜線の雲を拭って秋の峰
 木漏れ日に夢かうつつかオショロコマ
 柔らかき秋の陽光たおやかに

駄作ですみません. 
 
 
e0074614_0553448.jpg
e0074614_0561847.jpg

[PR]
by pantherH | 2005-10-12 01:07
<< ことば カンボジアで思った事2 >>