トラックバックセンター構想

 ひょんなことから、TBセンターを作らないかと持ちかけられました。毎晩、今日アップされた記事とそのTBを覗いたり、お気に入りのbloggerのアップを求めて何度もさまよったり、何度もおなじ記事にぶちあたったり、かなり時間と労力を費やしていました。それでいて、情報の集積という面ではかなり非効率。反小泉ブロガー同盟が立ち上がってから、一ヶ月強経過して、だんだん内々になってきたかなという印象もあり、TBセンターを作るというのはいいアイディアだなと思いました。

 今日一日どんなのがいいかなあ、と考えてみました。

<コンセプト>

1)  反新自由主義であること
   やっぱり、今の日本の、いや世界に対する危機感を共有することを基本におきたい。
2) 誹謗・中傷はしないこと
   顔の見えないネット空間だからこそ、常に相手の気持ちを意識して書きたい。
3) 一人でも多くの人に反新自由主義の考えを理解してもらえるようにすること
   改革ファシズムを止めることに少しでも貢献したい。
4) 上記コンセプトを理解される方なら誰でもTBできること
   鋼の団結ではなく、柔軟なネットワークにしていきたい。

<具体的にはどんなサイトにしたらいいか>

1) TBが日ごとに分類されていること
   カレンダー毎に分類されていると読みやすいし、読み落としや何度も同じ記事にぶつかることを防止できて効率的だと思います。
2) 具体的な内容毎にカテゴライズされていること
   消費税問題、共謀罪、障害者自立支援法案、憲法問題などなど具体的に分類されていて、TBする人がその分類にしたがってTBしてくれると有り難い。もし可能なら、TBする人が新たにカテゴリーを立ち上げるなんてのが出来ると発展が望めそうな気がします。
3) TBされた記事がカテゴリー毎に分類されていること
   これはTBする人に任せたいですねー。
4) 政治や社会の記事だけではなく、趣味やスポーツなどアクセスしやすい記事も載せること
   気楽なのもないと、やってる方も疲れてしまう。新規読者の獲得もしていきたいですし。
5) 学習するサイトがあること
   この度の共産主義のお話なんかは、しんどかったけれど、こんな歴史があってねって話だったら面白く聞けたと思うんだ。他にも、中東の歴史とか、仏教の歴史とか、偉人伝とか、ロックの話とか熱心に話してくれそうな方々が沢山いるから、そんな人に協力していただけたら、いろんなことに興味もっていけそうな気がします。質問とかもしやすそうですし。
6) 議論する場があること
   誹謗・中傷しない代わりに熱い議論は歓迎。まあ、それぞれのブログでという話もあるけれど、コメント読んでると結構勉強になったり、人柄が分かったりする。
7) 様々なシンポジウムや集会の情報を知らせる掲示板があること
   ネットから出て、現実の活動に人を惹き付けていくのも重要。そんな場で、「ああ、トクラさん、やあ、テサロニケさん、いつもどうもー」、っていうのも面白い気がする・・・。
8) TBする人がTBセンターにリンクをはれること
   参加者の自由意志っぽくていいかなあ、と思いましたが、あまり勢力が大きくなりすぎると当局に逆利用される懸念あり。なんてね。
9) 貼りたい人は自由に、反小泉ブロガー同盟のバナーを貼れること
   ブロガー同盟の発起には感謝してます。ブログの質とアクセスが格段に上がったのは、小泉とブロガー同盟の貢献大。TBセンターのバナーなんかもあったらいいと思います。
10) たまにはアイドルやタレント、スポーツ選手のブログなんかにTBしにいっちゃったり (冗談)
   冗談ですが、営業活動もありですね。

<問題点>

1) 技術的な面はどうしたらいいのか、私にはさっぱり分からないこと
2) 編集や管理をどうしていくか
3) 荒らしにあったらどうするか 

 ちょっと遅くなったのでこのくらいにして、みなさんのアイディアをお待ちしております。
 
 まあ、考えながらぼちぼちすすめていければいいと思います。
[PR]
by pantherH | 2005-11-08 23:34 | 社会
<< T.N.君ごまかせり 危機感の共有 >>