皆川賢太郎、湯浅直樹、かっこよかったぞ

 いやー、感動しました。アルペンスキー男子回転。

 ふり幅の激しい一本目。佐々木選手は少し気負いが見られ、やや身体が伸びきっていたかなという印象でした。あのビック・マウスがプレッシャーになったのかな。
 次にスタートした皆川選手。ターンの前半の方向付けが抜群で、スキーの抜けがとても良かった。見ていて惚れ惚れする軽やかなターンと積極性で好タイムをたたき出しました。一本目0.07差の3位とは驚きで、たいしたものです。一本目トップのB.ライヒは大回転でも回転でも、何でこんなに簡単に滑るのと思うくらいです。ラインは高いし、スキーは下へどんどん落とし込んで雪煙もほとんどあがりません。いやー、レベルが違うなと実感させられます。

 2本目のセットはストレートの直後にヘヤピン、そしてふり幅の大きい急斜面という難しいセットでした。しかし、湯浅選手は最初のポイントを、え、あんな簡単にと思うぐらい上手にクリアし、2度ほど危ない場面があったけれど、ずっと積極果敢に攻めて見ていてとても気持ちのいいアタックでした。
 一本目8位の佐々木選手はやはりスタート直後からリズムが少し悪く、挽回しようと少し気負っていた印象でした。積極性と気負い、これをコントロールするのは本当に難しい。
 いよいよ皆川選手のスタート。スタートしてストレート直後の急斜面までは、やっぱ緊張しているなと少し動きが硬く、ポールを待っている印象がありましたが、急斜面を越えたあたりから動きがどんどん軽やかになってきました。これでコースアウトはないぞと確信し、行け、攻めろと叫んでしまいました。ゴールして3位。うーん、メダルは難しいか。しかし、とても感動的なアタックでした。
 一本目トップのライヒは安定感も抜群でやはり強かった。うーん、やっぱりレベルが違うな。

 しかし、本当に興奮するレースでした。アタックする心意気がびしびし伝わってくるレースでした。

 「メダルを取ったオーストリアの選手は、ジュニアのころからの仲間。本当にメダルを取りたかった。0.03秒差かー。」皆川選手のレース後のコメントは、たくさんの思いのこもったコメントでした。そして、一緒に悔し涙を流していたという湯浅選手も、そのハートに拍手です。

 余談ながら、僕らの憧れだった木村公宣の解説は優しさと熱さと抑揚に溢れていてとてもよかった。昔みたいに「Go West」にのせてアルペンスキーを中継してほしいなー。
 本当にナイスパフォーマンスでした。
[PR]
by pantherH | 2006-02-26 04:18 | 趣味
<< もうすぐ春ですねぇ♪ 鑑賞報告とUndet the ... >>