Under the Sunへのイメージ

 色々みんなに意見やアイディアを寄せてもらって、僕と素楽さんが今どんなイメージを持っているかを、なんとなくでもいいからその輪郭を伝えなきゃいけないかなと思いました。ただ、言葉にするのがなかなか難しい・・・。

 例のチェック・リストは言ってみると自己評価みたいな感じで使っていたんだけど、UTSのプライオリティを何処に置くか、というのに腐心していました。

 簡単にTBCといっても、TBCには全く違う二つの役割があることが分かりました。
 一つは、あることに関して知りたいと思ったときに、そこにアクセスすると一連の流れや意見を知れるという、カテゴリー別のTBC。当初はこのタイプのTBCが頭の中心を占めていました。もう一つは、今日こんなエントリーをしたから見に来てね、と、記事内容の関連性なんて全くお構いなしにTBされる。そしてTBすると自ブログのアクセスアップにつながるし、出会いの場になる。イメージとしてはとくらブログ(失礼)。で、これは日めくりカレンダーとしてのTBCの基本形でアンテナと同じような役割にもなる。

 この二つの要素を一緒に満たすことは基本的に難しい。前者はなんとなくHPみたいなイメージで、それだから前者だけだとサイトに閑古鳥が鳴いちゃうし、ブロガーのTBのしやすさとTBされた記事へのアクセスの利便性が極力高くないとやってらんない程ストレスフル。
 後者はまさにブログの一番得意としているところだけど、カテゴリーごとに記事を閲覧するのが難しかったり、何しろ毎日エントリーすることが至難の業だしマンネリを克服できない。

 そういう風に思いながら悩んでいました。負担が重くなるような気がして躊躇していたのですが、日替わりエントリーを快く引き受けてくださって、後者としてのTBCの役割が動き始めたような気がして、とてもわくわくしています。こうなってくると、プロジェクト25の必要性はなくなって、日替わりエントリーのお題に自然に吸収されてOKだし、お題の設定次第で、以前luxemburgさんが提案していたような、未来志向のパネルディスカッションみたいなのも実現できるんじゃないか、そんな可能性をすごく秘めたサイトになっていけるような気がします。

 カテゴリー別のTBCのほうは、イメージがあまり湧かないんだけど、アクセス数にアクセクする必要はなくて、TBされた記事へのアクセスの利便性をとにかく保ちさえすればいいんじゃないか。それから、TBが少ないのも困るけれど多すぎるのもどれを読んでいいか分からなくなってしまうので、管理とはまた別の次元で本当の使いやすさを追求することの難しさを内在しています。あと記事を掘り起こしていく作業をすることが、TBCの効果を考えると必要な作業なんじゃないか。しかし、これは矛盾するようだけどTBされた記事を読むというかなりの労力を要します。

 そんなときに、独裁制をぶっ壊そうさんが、「月間UTS」メルマガ化のアイディアを提案してくれました。例えば、月間UTS編集員を10人から15人くらい募り、大まかなカテゴリーごとに月に一回第○週を担当して一週間分のTB記事をザーッと見て、1,2本、自薦もOKで、月間UTS編集部に推薦する。「こちら編集部BBS」を一つ作れば、別に委員を仰々しく決める必要もなく、これ良かったよと記事のURLをコピペするだけでOKかもしれない・・・。編集部はただそれをまとめるてメルマガにするだけで記事の掘り起こしが出来てしまう。日々のコラムを載せるのもなかなかおもしろいかもしれません。

 少人数でやろうと思うと、死ぬほど大変だけど、みんなの推薦とかをうまく纏められたら記事の水先案内も結構可能なんじゃないかとなとイメージします。
 こう考えると、ちょっとずつの負担でかなり発展するんじゃないか、素人らしさ満載のメディアになるんじゃないかと思ったりしています。

 これまで書いてきたことは、夢ですが今はこんなイメージを持っています。

 BBSにも立てたので、意見など、お願いします。
[PR]
by pantherH | 2006-04-23 01:30 | Under the Sun
<< 共謀罪は反対じゃー!! いてくれるだけでありがとう(2) >>