民主党は分裂するのか

 小泉自民党は新人議員を事実上小泉派に囲い込み、自民党内の権力基盤の盤石化に余念がありません.同時に組閣への小泉マジックの期待感でマスメディアの関心を引き付けているが,私には水面下で民主党議員に対して猛烈な寝返り工作を敢行している気がしてなりません.
 そもそも民主党は自民党とそのイデオロギー面において大差なく、自民党よりも有能とされる若手議員は政権担当政党へたいする野心も強い傾向にあります.次期民主党党首選びにおいても民主党を束ねられる人材は見当たりません.そんな彼らに「このまま民主党にいては君の優秀な政策立案能力がもったいない.今回刺客と称して新人議員が増えたけれども,まだまだペイペイだからね,ヤッコさんたちは.君のような人材を是非とも日本のために役立ててほしいものだよ.いずれ抵抗勢力は一層されるだろうし、今の民主党よりももっと働きがいのある党になること間違いなしだ.民意は小泉自民党だということをよく考えてみたまえ.」こんな調子で口説いている様子が想像されます.すると,「小泉さんの主張はまさに私のかねてからの主張と同じだ」と自己正当化し,「小泉自民党」に鞍替えする民主党議員が続出するのではないかと予想されます.また,憲法改悪が発議される直前に動くよりも今動いた方が世論からマスクされる可能性は高いのではないでしょうか.注意深く見ておく必要があります.

 若手民主党議員の自民引き抜き工作に対抗するためには前原という人事が必要かもしれません.小沢になったら確実に若手は自民党に雪崩れ込むと思われます.手勢を失った小沢は自民党守旧派と新党を結成するかもしれません.菅党首誕生の場合は民主党の問題点の先送り的印象が拭えず,仮に菅直人で民主党が再生しうる道は共産・社民との連合を本気で画策することだと思われます.しかしその可能性は低いと思わざるを得ません.民主党を目の敵にして没落に手を貸した共産党の言う通り,皮肉にもたしかな野党は共産党と社民党だけになってしまうでしょう.

 そうなると憲法改悪の最後の砦である参議院も、次回の参議院選挙を待たずに与党2/3を越える可能性が生まれます.もはや次の選挙までの猶予はない状況だと思われます.

 また,今回の選挙を振り返って,選挙制度の問題点を指摘した番組を多く散見します.このような報道で注意すべきは今回の小選挙区比例代表並列制重複立候補方式は次回選挙で自民党が大敗する可能性も示しており、与党は重複立候補制の矛盾をダシにして,この4年間で次の選挙で大敗しないシステムを提案してくるはずです.創価学会票を完全な自民票に取り込み小選挙区制のみの選挙制度を提案して来るか,大選挙区によるポピュリズム選挙を実現して来るだろうと予想しています.

 早々憲法改悪に着手するかは民主党いかんと言えるでしょう.
 もし、民主党が野党としての役割に目覚め、政治に真剣味を取り戻したら、自民党は選挙制度改革に着手するものと思われます.スターリン的な手法で粛正を断行しても来るでしょうが,同時に民主主義的な手法でじりじり迫ってくることにも注意しなくてはなりません.

 
 
[PR]
by pantherH | 2005-09-16 03:16 | 社会
<< 現実逃避してきます ファシズムの土壌 >>