「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人の死

 富山県射水市民病院で医師がターミナルの患者の人工呼吸器を外すという事件が起きました。この事件には、まだ生きている患者の生命維持装置を外すのは「殺人」である。いや、回復する見込みのない患者に苦痛を強いる生命維持装置を外すのは「尊厳死」である。といった、人の「死」をどのように捉えるかという問題が深層にあります。「死」に関する議論は臓器移植を可能にしようというなかで、「脳死は人の死か」という問題で議論されました。記憶が曖昧なので、その時の論点を整理することは出来ませんが、結局のところ、「脳死を人の死と認めなくては臓器移植に道を開けない」という結論ありきの議論に終始し、人の死に「点としての死」という印象を植え付け、死を「手続き上の問題」にしてしまったのでした。
 
 「脳死を人の死」とするには、先ず、生前に本人が臓器提供をする意志を有している。すなわち、「脳死」と思われるような状況に陥ったときに、自分の死を「脳死判定基準」に即して定義しても構わないという意志を有していることが前提になります。そして家族による本人の意志の尊重と、生命維持装置によりまだ心臓が拍動している時に生命維持装置を外すことに同意していることが前提になります。その上で、「脳死判定基準」に即して患者が「脳死」であると診断して、生命維持装置を外すことが可能になります。そして大前提として、 自らの臓器を臓器移植に提供する意志がある時のみに適応されるのです。

 このように法的に「脳死を人の死」であると定義するには、様々な基準をクリアしなくてはならず、適応には厳密さを期すべきことは言うまでもありません。しかし法的に死を定義するということは、死を「点」で評価するということにほかなりません。ところが、実際の「死」は「連続性」の中に存在します。現在話題に上っている「尊厳死」はまさに「連続性の中に存在する死」として「死」を捉えて初めて意味をなすものなのです。

 尊厳死協会によると、尊厳死とは患者が「不治かつ末期」になったとき、自分の意思で延命治療をやめてもらい安らかに、人間らしい死をとげること。それを叶えるためには、尊厳死を望む意志(リビング・ウィル)を ・不治かつ末期になった場合、無意味な延命措置を拒否する。・苦痛を最大限に和らげる治療をしてほしい。・植物状態に陥った場合、生命維持措置をとりやめてください。という意志を医療者に提示することが大切であると述べています。

 例えば、急性心筋梗塞による急性心不全を来した際、人工呼吸器管理することは珍しくありません。治療が奏効して人工呼吸器から離脱出来る場合はいいのですが、中には心不全が改善せず長期にわたり人工呼吸器から離脱出来ず肺炎を併発して亡くなる方がいます。この場合どこに延命治療と尊厳死の線を引いたらいいのでしょうか。
 例えば、白血病の患者さんは周期的に抗がん剤を投与して再発予防を行います。感染予防に努めても、治療中に肺炎や敗血症といった致命的な感染症に見舞われることがあります。一時的に人工呼吸器の助けを借りて感染症をコントロール出来たら、再発さえなければまたもとの生活を送ることが可能になります。しかし、治療が奏効せずに感染症に負けてしまうこともしばしばあります。この場合もどこに延命治療と尊厳死の線が引けるのでしょうか。
 例えば、癌が再発した患者さん。確かに再発により治療が難しくなります。抗がん剤によりもう一度完治を目指そうとすると、抗がん剤の副作用で予後や生活の質が著しく損なわれることもあります。しかし癌の勢いを殺ぐ目的で抗がん剤を用いることもあり、これは患者の生活の質を高めたり、安堵感に繋がったりすることがあります。また、多くの患者は抗がん剤治療を望まれることが殆どなのです。終末期の患者は疼痛以外にも精神的にも肉体的にも様々な症状を呈します。急変することも珍しくありません。急変は癌の進行そのものによるものなのか、感染症などの癌以外の病態を考える必要があるかもしれません。急変時にどのような対応をするべきなのか、その時の状況により難しい判断を医療者だけでなく患者や家族も迫られます。

 どこからが不治で、どこからが末期で、何が延命治療で何が尊厳死なのか、患者の見識、医療者の見識、その時の病態、患者や家族と医療者が培ってきた関係性など様々な要素によりそれらは個々の事例毎に違い、同一の事例であっても局面毎に変化するものなのです。

 確かに今回の事件は法的には手続きに瑕疵があったと思います。しかし、この連続性の中に死を捉えると、どこに「手続きとしての死」を介入させていいのかという非常にデリケートな問題もはらんでいます。この一件から私たちは、「死」を忌み嫌うものとして遠ざけず、誰もが避けることの出来ない問題として、容易には「生と死」の線を引くことが出来ないというリアリティーを持って、「死」についてもっと多くを考えなくてはいけないのだと思います。
[PR]
by pantherH | 2006-03-31 01:00 | 社会

共謀罪

 秋元波留夫先生の近著「精神医学遍歴の旅路」(創造出版)に、「治安維持法と伊藤千代子」という章があります。先生は元東京大学精神科教授で、その後都立松沢病院において民主的な精神障害者医療に尽力されました。時代に先駆けて「施設から地域へ」を唱えられ、東京・小平市を中心に精神障害者の地域ケアの確立に尽力されている方です。先生は最近今の日本が大正末期から昭和初期の治安維持法が制定されたころに良く似ているという危機感をお持ちで、先人の多くの犠牲の上に築かれた今日の平和の尊さを、戦争を知らない世代に伝えなくてはとの思いで、100歳を超えてなおパソコンと苦闘されて精力的な執筆活動や日本各地での講演活動をされています。

 伊藤千代子は長野県諏訪地方出身で、東京女子大学に学ばれたまさに新時代の先駆的女性の一人でした。3・15大検挙事件(1928年)で共産党の秘密印刷所で検挙され、特高による熾烈きわまる拷問を受けて拘禁精神病を発症してしまいます。松沢病院に入院してからも、治療の一切を拒否してこころを閉ざし、まもなく肺炎を発症してわずか24年2ヶ月の生涯を閉じます。伊藤千代子はちょうど先生と同年代で、医学部を卒業してまもなく都立松沢病院に赴任した秋元先生は治安維持法による拘禁精神病患者を受け持ち、良心に従って権力と戦い、そして倒れた同世代の若者を治療しながら悲痛な思いにかられたことを忘れられないと述べています。

 政府は執拗に現代の治安維持法である共謀罪を成立させようとしています。治安維持の名の下に拘禁されたとき人はどのようになるのか、治安維持法と伊藤千代子より以下に引用したいと思います。
症例 伊○千○ 25歳 女性 治安維持法違反 (野村論文より、原文は旧字体およびカナ)
 
 家族歴:父母は入養子、患者の生後母死亡のため、父は離籍せられ消息不明。養祖母健存、主に祖母に養育サル。同胞なし。二十二歳結婚挙子なし。

 本人歴:気質快活・温和・無口。頭脳明敏。高女卒成績優秀、後小学校員となり、女子大学英文科に入る。これより前、夫の影響により、左傾思想に興味を持つ。入学後学内社会科学研究会に加入、昭和3年3月15日検挙、次いで刑務所に収容せらる。

 発病以来の症状と経過:未決拘留中頚部リンパ腺腫を病み手術を受けたるも、快復治癒遷延したるため、医師に病気の原因・予後等を執拗に質問し心配し居たり。昭和4年8月1日挙動に不自然なる様子見ゆ。即ち時に大声を出し、翌2日に独房の壁に向ひ隣室の人と対話する如き独語をなす。次第に独語旺盛となり、談話内容散乱し拒食となれり。次いで運動興奮し、裸体にて蚊帳を腰に巻き室隅に蹲居し、経血にて身体を汚染し、他人の注意に一切応ぜず。8月11日義母面会時支離滅裂の高声独語あり、全く周囲の見境なかりきと言ふ。8月17日入院。(以上刑務所報告)

 入院後の症状と経過:入院当時身体発育良、体格強栄養中等、毛髪豊富漆黒、変質畸形なし。膝蓋腱反射亢進。姿態無頓着・無遠慮・顔貌表情に乏しく硬固、応答は自己の姓・年齢正答、他は拒絶的、出鱈目多し「此処は何処か」「病院・・・井上・・・」「子供はあるか」「知りません。雀の学校・・・」「姉妹は」「あります。幾人か数へ切れません」「結婚は何歳か」「「25歳(正)」「東京の大地震は何年か」「大正11年ぢやないですか・・・馬鹿馬鹿しい」「法律とは何か」「独裁独歩主義です」「何故入院したか」「私も共産党ですよ」云々。『知人が自分を呼んで居る。アララギ社同人です。』と言ひ、幻聴存するものの如し。病室にては興奮落著なし。8月21日病棟内の診察室に伴ひしも拒診。絶えず独語し続く。内容散乱纏りなし。意思阻碍し、『先生の所へ行きたい』と泣出しさうに大声哀訴す。間もなくげらげらと笑ひ、又顔を歪め虐待せらるる如き様子を呈し『嫌だ嫌だ、知らない知らない』と連呼す。其後8月31日迄10日間拒絶症緘黙。9月1日高熱を発すれど拒診。9月5日午前9時綉色の痰を多量に喀出。9月6日夕刻より起き出で枕頭の手拭を取り、頬冠りをなす。悪寒あり。時に含嗽をなす。9月8日義母面会時自発的に漬物を要求す。他人とは語らず、質問にも答へず。義母との対話は相当によく纏り居り、表情普通。9月24日肺炎死亡。
 
 要約:本例は家庭的には慈愛に恵まれず、性格真卒・研究心に富み真面目・熱中性。治安維持法に触れ入所し、1年5ヶ月を経て夫の思想転向を憤り感動煩悶、後心気症となり幻聴旺盛、意識混濁興奮状態となり、入院後肺炎にて死亡す。興奮錯乱は緊張病のそれに酷似するも、感情の環境に対する反応は一部敏感にして単なる拒絶症と処理せらるべからぬ所あり、殊に好悪の感情は現実社会への増悪となり、病像によりて心因性憤怒感情による反応を著しく認め得る拘禁性乖離性反応型に属するものと考ふるなり。
(引用終了)


 最愛の同志であり夫の浅野晃は検事の熾烈な弾圧に屈して転向を表明します。検事は浅野の上申書を千代子に読ませて転向を迫ったということです。必至に特高の弾圧に耐えていた千代子が突然精神に異常を来したのは、夫の上申書を読んだことが原因でした。伊藤千代子の研究者である東栄蔵さんの著書から、亡くなる10日前、千代子が心を許していた義母が一泊の保釈出所を許された浅野を伴って松沢病院に千代子を見舞った時の様子を引用します。千代子の深い絶望に悲しみが込み上げてきます。
いち早く千代子を見つけた母が手招きすると、千代子はすぐ寄ってきた。けれど私や刑事が立っているのに気がつくと、おびえたように後ずさりした。母はそれを呼びとめて「そら晃が来ているよ。会いたかったでしょう」といった。私の名前を耳にした千代子は、一瞬記憶を呼び戻したのか、ちらりと私の顔を見て、かすかに頬を染めた。「千代、わかるか僕だよ」と私はいった。しばらく私を見ていた千代子は、急に母の方へ向いて首をふって見せた。こどもがよくするいやいやだった。そして仲間の群れへ逃げ込んでしまった。いくら母が呼んでも、二度とこちらに戻って来なかった。仕方なしに私らは立ち去った。振り返ってみると、彼女はみんなに交じって、無邪気に笑いこけていた。
(引用終了)

 
 自らの良心に従って権力に抵抗した若者たち。彼らは必至に言論弾圧や戦争に反対を唱えていました。良心に従う自由を奪われた時、そこにあるのは深い絶望と隷属でした。

 現在、長野県諏訪市の龍雲寺の境内にある千代子の顕彰碑には恩師でアララギ派の歌人土屋文明の詠んだ短歌が刻まれています。
 高き世をただめざす、をとめらここにみれば、伊藤千代子がことぞかなしき
[PR]
by pantherH | 2006-03-19 18:39 | 社会

アーカンソー州兵イラクへ その2 と 憲法9条

 アーカンソー州兵イラクへ その1に引き続いて感想を綴ります。 

 第3回は、任務で負傷した州兵や休暇で一時帰国した州兵を追っていました。イラクでの自分に矛盾を感じていた牧師は、任務中重い物資の運搬中に頚椎症にかかります。幸い手術の必要性はなかったものの前線での任務は不可能になりました。故郷に戻り州兵事務所の電話番になりました。周囲は彼を仮病だと噂します。家族とともに過ごせる喜びと、前線で戦えない不甲斐なさとで情緒不安定な日々が続きます。彼は必死に、「本当は仲間とともに戦いたいんだ、でもそうしたくても出来ないんだ」と言います。しかし彼の心の奥底には、「自分は死ぬのが怖いんだ、戦うなんて出来ないんだ」という至極真っ当な感情があるのでしょう。でもそうは言えないのです。

 任務中左腕と顎に大怪我を負い生死をさまよい帰還した男は、故郷に戻りみんなから温かく迎えられました。暴力をコントロールできないとの理由で帯同を許されなかった息子は、父親だけを戦場に行かせたことに自責の念を感じます。電気洗濯機製造の熟練工だった父親は、負傷のために以前の仕事に復帰することも叶いません。しかし彼は「イラク戦争は間違いではない。もう一度イラクに行けと言われれば、また行くだろう」と息子に語ります。息子の気持ちを慮って言ったのかもしれませんが、たとえ負傷し人生が台無しになったとしても、犬死であることは決して認めたくないのでしょう。その気持ちは良く分かります。

 いくらの私でも、戦死した方や負傷した方に、あなたは犬死だとは彼らの無念を思うととても言えません。しかし、もし私や息子が将来戦争に行くかもしれないとき、戦争で死ぬということは犬死なのだ、だから戦争には行くまい、行かせまい。仮に行った時、どんなに卑怯だと誹られても絶対に死ぬまいと、私は思います。だから、「僕の愛した二つの国、ヨーロッパ・ヨーロッパ」の主人公や、三国連太郎さんの勇気に敬意を感じます。
 戦争に行ったら、相手を殺すことも、自分が死ぬことも、飢えて野垂れることも、感染症で死ぬことも、仲間を見捨てることも裏切ることも、略奪することも凌辱することも、きっと何でもするでしょう。戦場はきれいごとでは済まされない世界に違いありません。ひとたび戦争が起こってから理性やバランス感覚、柔らかい感性を働かすのは至難の業です。ひとたび戦争に参加してしまったら自らの体験や行為に崇高な意義を付けずにはいられなくなるでしょう。
 
 しかし、戦地に赴き人間性を維持することや、どんな暴力にさらされても戦争に行くまいと抗することや、あるいは戦争に行ってサバイブするために逃げ回ることのほうが、はるかに困難なことでしょう。戦争に行かなくてすむように今戦争に反対する事のほうが遥かに現実的です。そして憲法9条を護ることのほうが、遥かに現実的なのです。今こそ、理性と感性を総動員して、戦争への道を開くことを止めなくてはと思います。


 第4回では、あと40日で任務終了というときに、仲間の一人が狙撃され命を落とします。彼はまだ24歳でイラクに派兵される1週間前に娘が生まれたばかりでした。彼はイラク国民選挙に向けて治安の監視に従事していました。狙撃された彼と150mと離れていなかった同室の若者たちに動揺が走ります。選挙の結果なんてどうでもいい、とにかく無事終わってくれ。生きて帰るのみだと若干20歳の若者は言います。何も考えずに州兵に登録した自分だったけれどよくよく考えて欲しい、イラクの子どもはいつ爆撃されるかも知れず外に出て走り回ることも許されない現実を想像してほしいと、後輩たちに訴えます。戦争はきれいごとじゃねえ。戦争に行かずにいろいろいうやつは信じない、と戦争をおっぱじめたブッシュや権力者を暗に批判します。
 
 とにかく1年にも及ぶ任務を終え無事に故郷アーカンソーに帰ってきました。私もほっと安堵を覚えます。しかし、全体を通じて、イラク側からの視線はまったくありません。また、彼らはイラク人に向けて銃を撃ったのかどうかの描写もありませんでした。自分が殺られるかもしれない緊張と不条理は描いていますが、自分が殺す罪悪や不条理は描いていません。州兵だったのでそういう任務になかったのかもしれませんが、作り手の問題が大きいように思われます。極力中立を保とうという製作者側の思惑はなんとなく分かるのですが、本田勝一の「事実とは何か」にあるように、いろいろある事実のなかで何を伝えるか、究極的には中立はありえないということだと思います。少なくともこの戦争は侵略だと思うか、10倍ものイラク人が死んでいるという現実をどう思うかという質問があってしかるべきだった様に思われます。全体として声高に支持も批判もしないけれど、イラク戦争を容認する姿勢に貫かれている作品だと思いました。

 以上感想でした。
[PR]
by pantherH | 2006-03-16 19:35 | Under the Sun

アーカンソー州兵シリーズを観る

 Under the Sun-Mediaで紹介されていた、NHKの「アーカンソー州兵 イラクへ」の全4回シリーズを眠い目をこすりながら見ました。(ビデオが壊れてしまったので辛い・・・)

 第1回は、「そんなつもりじゃなかったのに、イラクに行けと言われて・・・」という戸惑いと葛藤を描いていました。州兵は元々、災害時の救援・復興を主な任務とし、州兵登録すると月々わずかな手当が付きます。高校を卒業したばかりの若者には大学進学の奨学金が支給されます。だから、誰もが生活の足しに、社会貢献にと軽い気持ちで州兵に登録していたのでした。そこへ突如突き付けられた「イラク派兵」。男たちは皆困惑しているようです。それは今まで築いてきた仕事を失うことや長期間にわたって家を留守にすることへの寂しさや心配からの困惑のようです。一方、女たちは愛する夫や息子の命と残される孤独に対する不安が描かれていました。しかし、イラクという文化も環境も全く違う国に出兵するという現実感が欠如しているとの印象が払拭されませんでした。これは作り方の問題なのか、アメリカの片田舎の世界に対する認識を象徴しているのか良く分かりませんが、戦争に赴く心理ってこんな軽いのか・・?と思わずにはいられませんでした。

 第2回は、イラクに着いて、「こりゃヤバいぞ」という認識の変化を描いています。日々殺されるかもしれない恐怖に晒され、宿営地にはロケット弾が打ち込まれ、周りのもの全てが自分を狙う敵だと思う中での任務。牧師である自分と戦場にいる自分とに大きな矛盾を感じる牧師。何も知らず、知らされずに来たイラクの現実を目の当たりにして、ただ生き残る事が重要だと感じる若者。危険故に塀の外での任務を自粛せざるを得ないことにイラクに来た意義を見出せないでいる男。州兵の見たイラク、感じたイラクが描かれています。しかし、あくまでも自由の解放者としての意識は崩れません。それは作り方のためなのか、軍隊の中だからなのか、危険と対峙した任務中だからなのか分からりません。戦争は無意味なものだと感じることはあっても、自分はアメリカの侵略に加担しているという葛藤がない点に、そういうものなのか・・、と思わずにはいられませんでした。
 
 アーカンソー州兵ではなくて、自衛隊でも同じような取材したらいいのに・・・。もっと多くの人がもっといろいろなことを考えただろうに、と思いながら初日を見終わりました。

 第3回、第4回はつづく。
[PR]
by pantherH | 2006-03-16 01:52 | Under the Sun

ライブドア関連の報道にはうんざりです

 発掘屋さんがやっている緊急アンケートUnder the Sun-EQT-no「ライブドア報道はいかがなものか?」、に私もTB投票に行ってきます。
 結論から先に書くと、「他にも報道することあんだろ、こらぁ」です。

 その心は・・・

 先ず、永田議員のメール問題について。永田議員と民主党の拙攻は否めません。議員および党の情報に対するリテラシーと、野党として与党の責任を追及する精神と戦略の欠如を露呈していました。野党それも弱小の野党であることを完全に忘れています。いい加減政権交代という幻想は捨てて、野党としての足場を確立しなくては、どんどん弱体化していってしまいます。とはいえ、当人たちにはBSEや耐震偽装問題、防衛庁の談合事件などではじめ、そろそろ小泉政権に逆風が吹き始めてきたので、「掴みはOK、あとはメディアさんがそっちの線で騒いで下さい」と読んでたのだろうと思います。だって誰の目にも、武部のみならず現執行部が911選挙でほりえもんと蜜月の関係にあり、我が広島カープの買収にも武部が噛んでいたことも明らかだったし、叩けばいくらでも出てくるだろうとみんな思ってたのですから。それで、私は、民主党の拙攻もヒットエンドランのサインを見落としたメディアっていう側面もあるんじゃない?とある意味少々同情をしています。

 しかし、メディアはなぜ真贋の贋の方に飛びついたんだろう。ということで、次はメディアの姿勢について。そもそも、「え、何でそこを攻めない??」と疑問に思ってほとほとやんなっちゃったのは、堀江が逮捕された直後のNHKの日曜討論で、与謝野馨氏が去年の秋ごろからライブドアはかなりやばそうだと内偵を進めていたと発言したとき。おいおい、ちょっと待ってくれよ。去年の秋といったら選挙の真っ最中か直後だろ?知ってて堀江を使ったってか? ライブドアの株が昨年末に急激に高騰していたのを横目で見てたってか?与謝野らの政治家がその情報を掴んでたってことは、11月から年末にかけてのライブドア株高騰で政治家がインサイダーしていたっていう疑惑を暴露しちゃったようなもんだろ。それから、逮捕される直前の1月10日から、ライブドア関連企業のダイナシティメディアエクスチェンジが急激に値を上げてたのを見ればインサイダーがあったってことでしょに。奴らはこの件で2度儲けたってことで、ライブドアパニックが起こって、東証がパニックになって、日本売りが起こるってことも承知だったってことだ。なのにメディアは突っ込まない。一緒に儲けてたんじゃないのかと、政官業マスメディアがグルになって儲けてんじゃないのと勘繰ってしまいます。そういえば日経新聞の社員がインサイダーで捕まっていたけど、あれって氷山の一角なんだろうな。社員がやったらやばいけど、社員じゃない人を経由すれば、マスメディアの特権を利用して得たインサイダー情報の利用なんて朝飯前なんじゃないかななんて下衆の勘繰りもしてしまいます。いけませんね。こういう勘繰りばかりしている品が落ちてしまって。
 しかしまあ、フジテレビ買収のときは、どこそこ株をどこが何株保有なんていうフリップが良く出てたけど、最近はとんとそんなフリップも出てこないような。そこらへんを出せば、どんなに勘の鈍い人でもズルーイって反応するだろうにね。もしライブドア問題を報道するなら、こういうことを突っ込んでいかなきゃ、それこそおっかないから得意の護送船団方式ででもいいからさ。ということで、1にも投票したい気分です。
 
 しかし本質的には、他にも報道すべきことがあるだろう。だと思います。

 耐震構造偽装問題の伊藤公介議員の証人喚問はどうなったのでしょうか?総研の絡む一大組織的偽装はこれでお終いなのでしょうか?かなりのビジネスホテルがこれに絡んでいるように思われるのですが、東横インの障害者用の客室の転用による建築基準法違反ぐらいでお茶濁しの気配。住民保障もドサクサ紛れに税金で国と自治体と半々負担で決着だとか。
 閣議決定を無視してアメリカ産牛肉の輸入再開を強行した中川農水相や現政権の責任はどこへ行ってしまったのでしょうか。いくら御用学者を集めてアメリカ産牛肉の危険性は少ないなどとコメントさせても、月例20週令以下などのリスク回避行動が遵守された場合を仮定すれば(p29-33参照)と、かなり歯切れの悪いコメントで、リスク評価機関とリスク管理機関の責務を明確にする必要があると提言しているにもかかわらず、実際遵守を徹底させるなんて絵に描いた餅だったのに、そんなこともおかまいなしにしようとしています。
 防衛施設庁の談合事件もなんだかさっぱり分からないまま、談合事件に絡んだ企業の平成18年度発注分の入札に参加禁止するってことで幕引きになりそうな感じがします。責任を立件するのが難しそうな人をババに据えて、しゃんしゃんでおしまいという感じです。
 PSE法だって知らなかったし、国民投票法だってその問題点はほとんど指摘されてないし、最近頻発している米兵による犯罪だって全く伝えない。
 報道する自由と言いながら、報道しない自由を謳歌してるマスコミ。表現の自由だ、国民の知る権利だと唱える前に、報道しない自由という罪を犯している自分たちの姿勢について、もっと反省が必要だと思います。

  だいたい、2月22日の読売新聞に、ここで前原民主党を叩いて、菅直人か小沢一郎が出てくるとやりにくいから、ここは前原体制にしときましょうと言っている自民党議員のコメントが出ていたけれど、民主党の人事を自民党に握られてるような野党、すでに終わってるって感じです。菅さん本気になって出て来いっちゅうねん。

 すみません、興奮して長くなってしまいました。
[PR]
by pantherH | 2006-03-03 21:39 | Under the Sun